© 日本教育学院 All rights reserved.

20126/1

竜巻の通り道

tornadetracks.jpgおもしろい記事を見つけたので紹介。

NOAA(= National Oceanic and Atmosphere Administration アメリカの国立大洋大気庁)で公開されたデータを元に、過去56年にわたるアメリカで発生した竜巻(tornado)の通り道をイメージ化した写真です。明るいところほど竜巻のスケールが大きいということになります。

竜巻の大きさを表す単位(尺度)は一般的にFスケールが用いられています。このFは藤田(Fujita)のF。調べてみるとはやり日本人の科学者でした。シカゴ大学の名誉教授藤田哲也博士(福岡県出身)が1971年にアメリカ人と一緒に提唱したのが始まりで、藤田博士は竜巻の研究の世界的権威でMr. Tornadoと呼ばれています。

この写真の右下にもThe Fujita Scaleという表記が認められます。

先月5月7日にも茨城県つくば市で竜巻が発生して大きな被害をもたらしたことは記憶に新しいですが、ここ数年の日本の気候変動も昔に比べ大きく変化してきていることは否めません。ここ東京でもこれからの季節はゲリラ豪雨や大きな雷が起こります。筆者もつくば市で竜巻が起きた日(連休最終日)は御嶽山のトレッキングをしており、途中天候が変わり雷雲が発生し、山中で雷に遭遇しました。恐かったです。

写真を見るとアメリカの中央から東側だけに竜巻が起こっていることが興味深いですね。特に大きな竜巻が起こる多発地帯はアラバマ州、ミシシッピー州、テネシー州、ジョージア州などのアメリカ南東部に太い明るい線が見られますね。

最後に、竜巻をテーマにした映画紹介。ツイスター(Twister)という作品です。監督は撮影監督のキャリアが長かったヤン・デ・ボンという人。竜巻を追跡調査することに没頭する研究者(奥さん)と気象予報官(旦那さん)を中心にストーリーは進みますが、脇を固める役者さんがすごくいい味を出しています。中にはアカデミー主演男優賞をとったフィリップ・シーモア・ホフマンという役者さん(筆者は昔からこの人が大好き)がすごくいい味を出して、アメリカ人の若者を演じています。脚本がジュラシックパークの原作者のマイケル・クライトンなのでおもしろくないわけがありません。

オリジナルの記事はこちらから。

アメリカのNOAAのサイトはこちらから。

Print Friendly, PDF & Email
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

漢検・再び頂点へ!最優秀団体賞を受賞

日本教育学院は、毎年三検(漢検、数検、英検)で、優秀な実績を収めています。H27年度の日本漢字能力検定協会(漢検)の団体表彰部門のう…

2018 合格作文・御父母感想文

「どんな魔法をかけてくださったのでしょうか?」 たまたま入塾させて頂いた、この日本教育学院さんが、我が子に合っていたというキセキに感謝です…

新学期の始まりです。

さあ、新しい夢を語ろう。 日本教育学院は4月新学期生を募集しています。新しい学年、新しい学校、新しいクラスに皆さん期待と不安を持って臨んで…

2017年夏 夏期勉強合宿 8月5日~10日

「嵐の中の合宿」 台風が本州を横断し、その後も山特有の不安定な天候が続く。 8月7日の南からの強風、8日は朝…

2017年 御父母・生徒から合格作文が届きました

「にっきょう」からの卒業にあたっての作文でもあり、一文一文が感動と感謝に包まれています。我々職員の心にすべての作文が染みて今…

ページ上部へ戻る