© 日本教育学院 All rights reserved.

「日本教育学院」の東北・宮城南三陸町ボランティア支援

南三陸町ホテル観洋このあと、ホテルに向かいました。バスで10分ほどの距離です。「ホテル観洋」は岬にある立派なホテルです。名前の通り、ロビーはガラス張りで海が一望。各部屋からもよく海が見えます。しかし、津波はこの高台にあるホテルの2階の露天風呂まで襲ってきたそうです。

体験談夕食前には、被災者からお話を聞く機会がありました。年齢を感じさせない建築会社を営んでいる阿倍さんです。50日間の避難所の生活、「悔しさと怖さ」。「今、生かされているが故に、こうした出会い、絆が生まれる。」との言葉が重かったです。

6人部屋ということで、我々4人に加え、ボランティアとしてのリピーターである2人の男性との相部屋でした。一人は東芝からソニーに転職したというやり手の管理職、今一方は証券会社勤務の方でした。どちらも、お話好きでささやかな交流ができました。夜のいびきの重奏には参りましたが・・・・。

防災対策庁舎南三陸町の名を日本中に知らしめたのは、防災対策庁舎から防災無線で町民に避難を呼びかけ続け、津波の犠牲になった町職員遠藤未希さんの件であると思います。
防災対策庁舎は3階建て。その屋上のアンテナや手すりにしがみついて九死に一生を得た方もいる一方、多くの方がその犠牲になりました。ここは、津波被害の象徴的存在として、我々が訪れた時も多くの方がその前で手を合わせ、たくさんの花束が供えられていました。

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email

ページ: 1 2 3 4 5 6

新学期の始まりです。

さあ、新しい夢を語ろう。 日本教育学院は4月新学期生を募集しています。新しい学年、新しい学校、新しいクラスに皆さん期待と不安を持って臨んで…

2018 合格作文・御父母感想文

「どんな魔法をかけてくださったのでしょうか?」 たまたま入塾させて頂いた、この日本教育学院さんが、我が子に合っていたというキセキに感謝です…

2017年夏 夏期勉強合宿 8月5日~10日

「嵐の中の合宿」 台風が本州を横断し、その後も山特有の不安定な天候が続く。 8月7日の南からの強風、8日は朝…

9月からの入塾生募集中!

まだまだ残暑厳しい折、”にっきょう”の熱い夏の行事は完了し、日本教育学院では9月3日(月)から、平常授業に戻ります。夏に培った学力を二学期に…

2017年 御父母・生徒から合格作文が届きました

「にっきょう」からの卒業にあたっての作文でもあり、一文一文が感動と感謝に包まれています。我々職員の心にすべての作文が染みて今…

ページ上部へ戻る